乱視用コンタクトレンズとは?正しい選び方

乱視とは、物の見え方が一定していない状態のことをいいます。近くのものが見えにくくなる遠視や遠くのものが見えにくくなる近視は、焦点の合い方は一定しているのです。

 

それに対して、乱視は一つのものをみたときに、縦方向がかすんだり横方向がかすんだりします。つまり、近視や遠視の場合よりも見え方がぐらついて、目に大変な負担がかかります。

 

乱視があると判断されたら、通常のコンタクトレンズではなく乱視用のコンタクトレンズを使用するべきです。

 

乱視用のコンタクトを使っていないと、余計に目に負荷が加わって視力が悪化するだけでなく、頭痛や吐き気にまで発展することがあるので要注意です。

 

眼科に行けば、乱視に合ったコンタクトレンズを処方してもらえます。自分で購入するという場合は、正しい乱視用のコンタクトレンズを選ぶようにしましょう。

 

乱視用のコンタクトには、乱視に合った度数が入っています。またの名をトーリックコンタクトレンズとも言うので、覚えておきましょう。

 

他のコンタクトレンズとの違いは、目の中で回転するかしないかです。近視用や遠視用のコンタクトは、まばたきをする度に目の中でレンズが回転するものです。

 

しかし、乱視用のコンタクトは、回転しないような仕様になっています。そのデザインには2種類あり、レンズの下方に厚みをもたせて回転しないようになっているプリズムバラストデザイン、上下を薄く左右を厚くして回転を抑えるダブルスラブオフデザインを個人個人で合わせてみることになります。

 

コンタクトはぴったりフィットするのが、上手に使い続ける秘訣。しっかり目に合ったコンタクトを選ぶことで、乱視の負担を軽減させましょう。

乱視用コンタクトレンズとは?正しい選び方関連ページ

乱視用コンタクトレンズのメリット・デメリット
乱視用コンタクトレンズの種類