乱視用コンタクトレンズのメリット・デメリット

コンタクトレンズは視力の度合いをあわせるだけでなく、近視や遠視、乱視用に使い分ける必要があります。特に乱視は、近視や遠視とは違い、屈折の度合いが均一でないため、注意しなければなりません。

 

乱視と判断されたら、乱視用のコンタクトレンズを使用することが、視力の改善にも目への負担の軽減にもつながるのです。

 

乱視の人は、見え方が均一でないためにどうしても目を細めて見ようとするクセがつきがちです。しかし、その行為だけでも、目に負担がかかっていることをご存知でしたか?

 

乱視用のコンタクトレンズを使用すれば、クリアな見え方になるために目を細める必要がなくなります。そのため、視力の悪化を防ぐことになり、眼精疲労などの辛い症状からも解放されるようになるのです。

 

ところが、乱視用コンタクトを使うほうが良いとわかってはいても、使っていない人もいます。それは、乱視用コンタクトレンズの価格の高さに原因があるようです。また、使い心地に慣れなかったという体験者もいます。

 

メリットもありながら、デメリットもある乱視用コンタクトレンズ。目のためには、確実に乱視用コンタクトレンズを使うほうがいいという医師の意見も出ていることから、できるだけデメリットを少なくメリットを享受したいものです。

 

価格が高いという点が問題であれば、普段は通常のコンタクトレンズを使用して、遠くを見るときなどには乱視用のコンタクトレンズを使用するなど、使い分けてみるのもおすすめです。

 

それによって、少しずつ目の使い心地も慣れてくる期待がもてます。

 

【乱視治療】レーシックおすすめランキング

乱視用コンタクトレンズのメリット・デメリット関連ページ

乱視用コンタクトレンズとは?正しい選び方
乱視用コンタクトレンズの種類