乱視用コンタクトレンズの種類

目の焦点が合いにくく、見え方が均一でないために非常に目が疲れやすいという負担がかかる乱視。そのままにしておいては、目のためにもよくありません。

 

そこで使用したいのが、乱視用のコンタクトレンズです。近視用や遠視用と同じように、乱視用のコンタクトレンズも様々なメーカーから発売されています。

 

どのメーカーの商品を選ぶかは、目にフィットするかどうかが重要になってきます。日常的に装着するのがベストですから、いろいろ使ってみて快適な商品を選ぶことが大切なのです。

 

各メーカーの商品の種類とは別に、乱視用のコンタクトレンズには仕様に種類があります。基本的に、乱視用のコンタクトは、通常のレンズと違って目の中で回転しないような設計になっています。

 

回転をおさえるためのデザインとして、プリズムバラストデザインとダブルスラブオフデザインという2種類が用意されているのです。

 

プリズムバラストデザインには、レンズの下方向に厚みがあることでおもりが出来ます。その重みと上まぶたの圧力によって、レンズの厚みがあるほうが下を向くようになっているのです。

 

これにより、まばたきする度にレンズが回転してしまうのを防いでいます。一方のダブルスラブオフデザインは、レンズの上下が薄く左右が厚いという設計になっています。

 

薄みのある上下をまぶたと眼球で挟むことで、レンズが回転するのを抑えているのです。安定性を増すために、左右の厚みをプラスするように設計されている乱視用のコンタクトレンズも登場しています。

 

乱視用のコンタクトレンズを使うときには、まず眼科医の処方を受けるのがよいでしょう。そのうえで、快適にフィットするコンタクトレンズが見つかったら、決まったものを購入するようにしてはいかがでしょうか。