レーシックとは

レーシックとは、どんな手術なのでしょう。レーシックとは、簡単に言うとレーザーを使ってする目の手術のことをいいます。どういった手術なのかということですが、近視矯正手術のひとつといわれています。

 

眼球には角膜といわれる部位があるのですが、まずは角膜の表面部分を丸く切開します。そして、それをふた状のものとします。これをフラップといいます。

 

そうして出てきた部分にエキシマレーザーというものを当てます。そうすることで角膜を削るわけです。なぜ角膜を削るかといいますと、それによって角膜の形状が変わり、角膜の屈折力を変更することが出来るのです。

 

これによって視力をアップさせることが出来るわけなのです。これだけ説明すると大変そうな手術かもしれないと思われますが、実はその手術は短時間で終わるもので、大体1時間くらいで終わるのです。それから更に1時間くらい安静にしているだけでいいのです。原則として入院する必要もありません。

 

ただ、重いものを持ったりすることや、長時間散歩したりすることは、目に対しての負担になりますので、こういったことは避けるようにしましょう。

 

レーシックの手術の歴史はもう20年以上になりますが、最初はほとんど知られていないものでした。しかし、その精度の高さから広く認知されるようになりました。料金は高いものから安いものまで選ぶことが出来ますので、レーシック手術を受けようと考えている人は、予算に合ったレーシック手術を受けるようにするといいでしょう。