乱視の回復方法

乱視の回復方法について考えてみましょう。乱視は、症状が軽いと普段は表には出ないのですが、疲れたりするとその症状が出てきたりすることがあります。そこで初めて乱視かもしれないとわかり、治療を受けに行くわけです。

 

ただ、一時的に乱視になる場合もあり、そういった場合はしっかりと目を休めればすぐに視力は正常な状態に戻ります。しかし、習慣的に長時間パソコンの前で作業を続けたりして眼精疲労が進行すると、乱視の症状まで悪化してしまうことがありますので、普段から目をいたわってあげることが大切です。

 

コンタクトレンズの視力矯正が一般的

 

乱視になったときの視力の回復方法は、主にコンタクトレンズなどを使った視力矯正になります。これは、角膜の歪みが原因である場合と水晶体の歪みが原因である場合でそれぞれ違ってきます。

 

簡単な違いとしては、角膜の歪みが原因の乱視はコンタクトレンズで矯正ができますが、水晶体が原因の乱視はコンタクトレンズは使えず、メガネによる矯正のみが有効になります。

 

乱視治療にレーシックが有効

 

ただ、最近では手術による矯正も行われるようになりました。エキシマレーザーと呼ばれるものを使ったレーシックの手術によって、乱視はある程度矯正することもできるようになったのです。ただ、レーザーによる手術は角膜の状態によっては手術が出来ない場合があります。

 

手術が出来るかどうかの判断をするのも難しく、しっかりとした知識と経験が備わっていないと不可能とされています。乱視の回復方法としては、とりあえずはメガネやコンタクトレンズを使うようにするといいと思います。

 

【乱視治療】レーシックおすすめランキング

 

前ページ