乱視の検査方法

乱視はどうやって検査するのでしょう。まずひとつは、オートレスケラトメータというもので、他覚的屈折検査とも呼ばれているのでものです。

 

専用の装置で近視や乱視の度数を検査するものです。度数を出すのには装置に顔に顔を乗せるだけでいいので、非常に楽です。時間も一分前後でいいのです。

 

それに、乱視の状態も詳しく調べることが可能です。ちなみに、この検査方法の場合は高めの度数が表示されてしまいますから、この結果だけでメガネやコンタクトレンズの度数を決めることは出来ません。

 

それから、レチノスコピーという他覚屈折検査もあり、医師のスキル次第では、オートレフケラトメータの精度も上回るようです。それから、自覚的屈折検査というものがあります。これは、視力検査がメインとなるものです。

 

メガネを交換しながら検査を受けて最適な度数を導き出すもので、これによって矯正視力を決めていきます。この乱視の検査方法については、放射状の線がある中から一番見やすいものを選ぶようにして行われます。

 

それから、トポグラフィという目の表面がどのような状態になっているのかを調べる検査です。角膜形状解析という風にも言われています。

 

これは、色で湾曲の状態がわかるようになっていますので、歪みの状態が簡単に分かるようになっています。乱視の検査方法はこれらの方法を使って行われています。検査はその人にあった方法が使われますので、病院などで検査を受けるときはそれに従うようにしましょう。

 

前ページ | 次ページ