乱視の症状

乱視の症状はどのようなものでしょうか。特徴的な症状として、物が2重にみえるというところがあります。

 

乱視になると、焦点が定まらなくなってしまうわけですから、近いところも遠いところもはっきりと見えなくなります。
そして、物が2重に見えてしまうのです。

 

この症状は斜視になった場合と似ているのですが、乱視との違いは、斜視が片目で物を見ると正常に物が見えることに対して、乱視は片目であっても物が2重に見えてしまうというところです。

 

水晶体というレンズは、とても柔軟に働いてくれるところです。なので、症状がちょっとしたものであればどうにかして働いてくれるので、ほぼ正常な視界を実現してくれます。ですから、軽い乱視ならば症状も表に出ないことがあるのです。

 

しかし、たっとえ表に出ないとしても、生活習慣などの乱れが生じたりすると、それがいずれ表に出てしまうこともありますので、十分に注意することが必要ですし、日ごろから目を大事にしてあげることが大切です。

 

乱視を抱えている可能性がある人は、頭痛などを引き起こす眼精疲労になってしまいやすいといいます。乱視の症状は、眼科での治療であったりコンタクトレンズなどを使うことによって、ある程度改善させることが可能です。

 

目は一生使うところですから、症状が軽いうちに確実に治療できるようにすることが何よりも大切です。ちょっと見えにくいなと感じたら、すぐに眼科にいって診察を受けるようにすると、早い段階で乱視を見つけることができるのではないでしょうか。

 

前ページ | 次ページ