複視とは

複視とは、視覚異常のひとつです。これは、何らかの原因で物がにじんだり、2重に見えたりするような症状の他、物が歪んだりするような症状も出たりします。

 

複視の中には、単眼性複視と両眼性複視の2種類があります。まずは、単眼性複視ですが、片目で物を見たときに2重で見えたりする症状のことを言います。

 

これは、水晶体に異常がある場合や、近視、遠視、乱視などの視力異常によるものがあります。これに対して両眼性複視は、片目で見た場合には症状は現れませんが、両目で見た場合に焦点が合わずに物が2重に見えてしまう症状です。

 

複視についてはどちらも注意すべきところですが、両眼性複視については特に注意する必要があります。単眼性複視の場合は、主に視力の衰えが原因に関わってきます。これは老化現象の一つですから仕方ない部分があるのですが、白内障が原因である場合は、早急に処置しなければいけません。

 

視力が異常である場合はメガネやコンタクトレンズを使うようにするといいでしょう。しかし、両眼性複視の場合は、脳に何らかの異常が起きている可能性があるので要注意しなければなりません。両眼性複視は、眼筋麻痺が主な原因となっています。目の周りにはさまざまな筋肉が付いています。

 

この筋肉で眼球を動かすことが出来るのですが、筋肉が異常を起こすことによって両眼性複視が起きるとも言われています。複視は、症状によって原因も症状も異なってくるので、検査をしっかりとして原因を突き止めてあげるようにしましょう。場合によっては手術が必要になる場合もあるでしょう。

 

前ページ | 次ページ