レーシックのメリット・デメリット

レーシックのメリットやデメリットについて紹介していきます。まずはレーシックのメリットについてですが、コンタクトやメガネを使う必要性がなくなるので、装着などのわずらわしいことがなくなることが大きなメリットだと思います。

 

また、手術費用も比較的安いことも挙げられますし、手術後のケアも比較的容易であるというところもあります。また、レーシック手術はとても安全性が高いのでほとんど失敗もなく、高い視力回復が期待できるし、手術も短時間で終わるところがあります。

 

 

それに、ほとんど痛みもありませんし、ちょっと休んでいれば視力回復することもあります。更に、程度が重い近視などの症状でも矯正することができるといったメリットがあります。

 

また、女性からしてみると、メガネをしていること自体がコンプレックスになる場合もあると思いますが、こういった部分を解消させるためにレーシック手術を用いる場合があります。それから、単純に美容の面からレーシック手術を受ける場合もあります。

 

レーシックを受けることに対するデメリットはほとんどないといってもいいでしょう。ただ、あるとすれば手術後にハロー現象といわれる症状が一時的に出る場合があることでしょう。

 

これは、夜間であったり明かりを見たりしたときなどの状況によって目が見えにくくなる症状のことを言いますが、これらの症状は数ヶ月で治まるので、少し我慢すれば問題はありません。こういったことから、レーシックはデメリットよりもメリットの方が大きいといえるでしょう。

 

【乱視治療】レーシックおすすめランキング