レーシック手術ができないケース

レーシックとは、誰でも受けられるわけではありません。レーシックの手術は、角膜を削って矯正を行うものです。ところが、角膜の厚さは人によって違うため、中には手術ができないケースもあるわけです。この、手術が出来ない人の割合は10人に1人とも言われています。

 

これは、比率的には結構高い割合だといえるでしょう。また、コンタクトを長いこと付けていたため、角膜がレーシックの手術に耐えることが出来ないという人も中にはいるようで、このような場合も当然手術は出来ません。

 

レーシックを行っているところで手術を受けることが出来ない基準としては、18歳未満の人、強度の近視の人、目に炎症がある人、アトピー性の疾患がある人、免疫不全の人、妊娠中または授乳中の人、白内障をはじめとする網膜疾患がある人、レーシックが認められていない職業の人、リスクに関しての理解が薄い人、角膜ヘルペスがある人等です。

 

これ以外にもたくさんの決まりごとがあるのですが、簡単に言うと目の病気がある人や手術を受けたことがある人、目の他に何か病気にかかっていたりする人は、レーシック手術ができないケースに当てはまる可能性があるということです。

 

もしもレーシック手術が受けられないような場合でも、他の矯正方法であれば大丈夫な場合がありますので、その際にはカウンセリングやなどをしっかりと受けて、どうやって視力を矯正するかについてをよく話し合うようにするといいでしょう。