レーシック手術後

レーシック手術後はしっかりとケアが出来ないと、せっかく手術がうまくいったとしてもその意味がなくなってしまう可能性があります。

 

ですから、手術を受ける前もそうですが、受けた後もクリニックでの指導をしっかりと守ることが重要といえるでしょう。レーシックの手術は、角膜を糸で縫合しているわけではありませんので、だた手術で作ったフラップをかぶせ、角膜部分を保護しているだけに過ぎません。

 

ただ、そのまま安静にして生活していれば、大体1週間くらいで角膜は完全に元の状態に戻ります。ですから、ポイントはその1週間の間どれくらいしっかりとケアが出来るかにかかっています。

 

まずは、目にほこりが入らないように気をつけることが大切です。レーシックの手術後は、保護用のメガネをかけるなどして、風の強い日などに発生するほこりを確実にガードするようにしましょう。

 

それから、目をこすったり、手で触れたりしないように気をつけましょう。目を無意識にこすってしまうこともありますので、そのためにも保護用のアイマスクはしっかりとつけるようにしておきましょう。

 

このほかに、手術後は入浴を極力控えるようにしましょう。目が水に触れるのを防ぐわけですから、水泳などは絶対にしないようにしましょう。そして、化粧を控えるといったことも忘れないようにしましょう。

 

仮に手術後に何か目に対しての異常を感じるようなことがあれば、すぐにレーシック手術を受けたクリニックに相談しに行くようにしましょう。