乱視とは

乱視とは、網膜のピントが合わなくなってしまうために、近いところでも遠いところでも物がまともに見えなくなってしまうことをいいます。

 

どうして見え方が違ってくるかといいますと、目の中にある瞳孔という部分が光の量を調整しているのですが、この光の量に対して角膜でピントがずれていると見えにくくなってしまうのです。

 

この乱視には、先天性の生まれながらにして備えているものと、怪我や病気がきっかけで起こる後天性のものがあります。大きく分けると、卵子には正乱視と不正乱視の2種類があります。

 

まず、正乱視ですが、角膜のカーブの大きさが方向によって異なるのが原因で生じます。不正乱視は、角膜が病気になったり、怪我による視力障害が原因で起こるものです。

 

乱視になる原因は、主に角膜にあります。大体生まれつきであることが多いのですが、角膜の病気や、角膜の移植手術、白内障の手術などが原因になることもあります。

 

乱視の場合、年齢が若くて症状が軽い場合には自覚症状は見られませんが、乱視の度が強かったり、症状が軽くても年を取っている場合には視力障害が起きてしまいます。

 

乱視を治療しようと思ったら、コンタクトレンズやめがねを使ったりします。また、角膜の病気が原因であれば、目そのものの治療を施したりします。

 

また、レーシックという視力回復の手術をしたりする場合もあります。近年ではレーシックの手術をする人が増えてきていると言われています。

 

次ページ