乱視と複視の違い

乱視というものと複視というものがありますが、これについての違いについてです。簡単に言うならば、乱視は目の状態によるもので、複視は目の見え方によるものです。実際にはもっと複雑なものなのですが、目の中にある水晶体が歪んむことによって景色が歪んで見えることが乱視といわれるものです。

 

乱視は別に珍しいものではありませんし、水晶体の状態が綺麗であるという人はほとんどいません。大体の人は多少乱視を持っていると言われています。そして、複視というのは2重に物が見える症状のことをいいます。乱視に限らず、2重に物が見えるのであれば、全て複視といわれるものになります。

 

両目だと2重になるけど、片目だと2重にならない場合についてですが、これは原因としては左右のバランスが取れなていないことが考えられます。このずれは、しっかりと調整をしたコンタクトレンズを使うことによって矯正することが可能です。そして、片目でも物が2重になってしまう場合です。

 

これは、単純に度数が合っていない場合が多いわけですが、可能性としては体調が変化によるものであったり、神経系が異常を起こしていたりもします。

 

また、脳が異常を起こしている可能性もありますので注意しましょう。視覚の機能は脳も関わってくるものですから、脳の状態で見え方が変わってきます。どちらにしても乱視にしても複視にしても、病院に行って一度、目の状態などを診てもらうようにするのがいいかと思われます。

 

前ページ | 次ページ