乱視になる原因

乱視になるには原因があります。乱視には、原因が角膜にある角膜乱視と原因が水晶体にある水晶体乱視というものがあります。このほかにも網膜などが原因となって起こる乱視もありますが、ほとんどは角膜が原因で起こる角膜乱視であるといわれています。

 

角膜乱視は、後天性と先天性に分かれています。これは、生まれつきなのか生まれつきでないのかということになります。生まれつきでない場合は、視力が悪いために目を細めたりすることによる圧迫などが原因となる場合が多いようです。

 

近視の人はよく目を細めたりしますが、これによって目の周りの筋肉が角膜を押しつぶしてしまいます。こうなると角膜が変形してしまい、角膜乱視になってしまうことがあります。

 

また、赤ん坊の時代に肥満だった場合も角膜乱視になってしまうことがあるので、これは子供がいる親が注意してほしいところです。

 

水晶体乱視の場合は、水晶体が一定の方向に歪み、戻らない状態のことをいうのですが、やはり先天性と後天性に分かれています。

 

先天性の場合、角膜と水晶体の両方に乱視を持っていることが原因となる場合があります。後天性の乱視の原因は、目の使い方が偏っていて、それにより水晶体がゆがんでしまっている状態のことをいいます。

 

例えば、長時間パソコンを使っている場合では、水晶体が変形してしまい元に戻らなくなってしまう場合があります。ですから、適度に目を休ませる必要があるわけです。常に目を動かすようにするといいでしょう。

 

前ページ | 次ページ