乱視の仕組み

症状としては非常にやっかいである乱視の仕組みについて説明していきます。乱視は、主に角膜と水晶体で起こるものです。

 

若い場合は、角膜の形状が異常を起こすことによって起こります。この場合、角膜は通常きれいなドーム型なのですが、まるでラグビーボールみたいな形になってしまうことで、光が屈折する部分に強弱が生じてしまうため、視界が2重になったりぼやけたりするようになってしまうわけです。

 

乱視は軽度の場合だとメガネで矯正することが可能ですが、乱視が重度になると、ハードコンタクトレンズを使うか手術をするしか矯正できなくなる場合もあります。

 

乱視には、色々な原因がありますが、先天的なものであれば仕方がないですが、後天的なものであればある程度は防ぐことが可能です。食べ物に気をつけるとか、目を日ごろから使いすぎないようにするとか、偏った視界でいないようにするなどがあります。

 

乱視の仕組みを理解することによって、ある程度の対策は出来るかと思います。

 

ちなみに、目を乱視の人が細めたりすると視界がよくなったりすることがありますが、これは乱視によってピントが合わなくなった状態が改善されることによって起こるもので、一見便利に思えますが、こればっかりやっていると間違いないく乱視になってしまいますので注意しましょう。

 

乱視の仕組みを詳しく知りたいのであれば、一度治療を受けに行き詳しく乱視の仕組みについての話を医師から聞いてみるのもいいかと思います。

 

前ページ | 次ページ