乱視用カラコンの注意

少し前に、カラコンを装着したことによる事故が多発したというニュースが出たのを覚えていますか?これにより、厚生労働省が度なしカラコンにも認可が必要との制度を定めたほどです。

 

乱視用カラコンが楽しめるようになった今、少しお金をプラスしてでも乱視用カラコンを手に入れたいと思う人が増えているでしょう。

 

しかし、安易に購入すると、危険な目に遭ってしまう可能性も否めません。特に海外製の乱視用カラコンを個人輸入する場合には、よく注意しておくようにしましょう。

 

国内製の乱視用カラコンは、承認番号付き

 

国内製のコンタクトレンズには、全て医療機器としての承認番号がふられています。どこで承認番号が付けられるのかというと、厚生労働省の認可を得てです。

 

つまり、法律で許可されたコンタクトレンズ以外は、国内では販売が許可されていないということです。海外製のコンタクトレンズが日本のコンタクトレンズショップで販売されていないのは、このような背景があります。

 

基本的には、医師の処方箋がないと、国内製のコンタクトレンズを購入することはできないのです。国内製の乱視用カラコンを購入するときには、承認番号がしっかり入っているかどうかをチェックしておきましょう。

 

海外製の個人輸入は、詐欺にも注意

 

韓国製などのカラコンを購入する人が増え、個人輸入を代行してくれる業者もたくさん出てきました。一般的なネットショッピングをするのと同じ感覚で、買物ができるのが便利です。

 

しかし便利な一方で、個人輸入には詐欺などの悪質な被害が後を断ちません。信頼のできる仲介業者を通して乱視用カラコンを購入しないと、せっかく高いお金を払ったのに偽物が送られてきた、お金を支払ったのに品物が届かないといった事態にもなりかねませんよ。