乱視用カラコンのオリジナル

乱視用カラコンを選ぶのは大変そう、と思った方は自分専用の乱視用カラコンを注文してみてはいかがでしょうか。

 

日本国内ではサービスを行っていませんが、海外のコンタクトレンズショップでは乱視用カラコンのオリジナルを注文することができます。

 

費用は通常の乱視用カラコンに上乗せとなりますが、試してみるのもいいかもしれません。

 

通常のカラコンをオリジナルに加工

 

韓国のインポートというカラコンは、乱視用のカラコンを扱っています。通常のカラコンを乱視用に加工することもできるので、予算に余裕のある方は検討してみてもいいかもしれませんね。

 

このインポートですが、韓国のKFDAという日本の厚生労働省にあたる機関に承認されており、安全性も確保されていると評判です。

 

海外製カラコンの安全性

 

海外製のカラコンについては、日本の厚生労働省が使用の注意を促しています。必ずしも危険というわけではありませんが、リスクがあることをわきまえて自分の責任で使用する覚悟が必要です。

 

日本国内では、基本的に医師の処方箋がないとコンタクトレンズを購入できません。カラコンであっても処方箋が必要になり、気軽に購入できるように見える通販のカラコンショップでも、通常は処方箋をFAXなどで送信してからの購入スタイルがとられています。

 

カラコンは医療機器として類別されており、海外からの個人輸入は個人で使用する範囲であれば法律でも認められれています。

 

しかし、使用についてはあくまでも個人の責任に任せられていて、販売しているお店が責任をとってくれるものではありません。万が一事故が起こっても、全ては自分の責任になってしまうことを忘れずに購入や使用を検討しましょう。