乱視用カラコンの安全性

乱視用カラコンを使用する人の中には、海外製のレンズを選ぶ人も多くなってきました。乱視用ではまだ大きな問題が公表されていませんが、通常の海外製カラコンでは厚生労働省が注意を促すほどの事故が多発しているようです。

 

購入や使用するときには、安全性の問題をしっかりチェックしておきたいですね。

 

安全性を重視するなら国内製

 

カラコン使用者は、国内製派と海外製派に分かれるようです。国内製のコンタクトレンズは、厚生労働省が医療機器として認可した承認番号がついています。

 

基本的に医師の処方箋がないと購入できないため、通販ショップでも処方箋を持っていることを前提に販売が行われています。

 

厚生労働省が認めているものだけに承認番号が付けられているだけに、安全面では非常に高い信頼が期待できます。

 

一方で、海外製のコンタクトレンズでは、韓国製が大きな人気を得ています。値段の安さ、デザイン、カラーバリエーションなど、どれをとっても魅力があるからです。

 

日本の厚生労働省では韓国製のレンズを認可していませんが、韓国の人が使用しているレンズなら安全だと考えてもおかしくはありません。実際、韓国にも厚生労働省のような機関があり、認可されているレンズとそうでないレンズがあります。

 

日本の法律で守られている乱視用カラコンを使うか、おそらく安全なので使用しても問題ないと判断して海外製の乱視用カラコンを使うかは、個人の裁量次第です。

 

海外製カラコンの取引に注意

 

海外製の乱視用カラコンで注意しておきたいのは、レンズの安全性だけでなく、購入時のリスクです。乱視用ではないレンズを販売された、お金を払ったのに品物が送られてこないといった問題は、個人輸入にはありがちです。

 

ほとんどのお店では良心的な取引をしていますが、リスクがあるということも忘れないでおきましょう。