乱視用カラコンが高い理由

乱視というのは、近視や遠視と違い、目のレンズにあたる部分が歪んでいて常に焦点が合わない状態です。そのため、近視や遠視よりもピントを合わせるのに苦労し、目に負担をかけやすいのです。

 

そこで、矯正用に用いたいのが、乱視用のコンタクトレンズやメガネです。ただし、乱視用のレンズは加工が複雑になるため、費用がかさむのが一般的です。乱視用のカラコンも同じで、通常のカラコンよりは高くなってしまいます。

 

左右別の度が必要になることも

 

近視や遠視にもいえることですが、左右の目は同じように見えているとは限りません。視力検査でも、左右の目で多少のズレが生じている人がいるでしょう。乱視も同じことで、右目と左目で同じ度合いに乱視が発生しているかどうかは調べてみないとわかりません。

 

乱視カラコンで気をつけなければならないのは、乱視度数や乱視軸など。構造が複雑になるぶん、値段が上がってきます。そもそも乱視用のコンタクトレンズは、全てが特注といってもいいくらいなのです。

 

度を合わせるのが大変

 

乱視用のメガネやコンタクトレンズを使用している人から出る意見に多いのは、装着したときの違和感に長くつけていることができないということです。

 

とはいえ、物を見るときには矯正していないと、乱視が悪化してしまう危険があります。そのため、高いお金を出しても、より良い乱視用のコンタクトレンズを作ろうとする人が多いのです。

 

乱視用カラコンもピッタリ目に合うものが見つかるまでには苦労するのが普通なようで、一度でちょうど良い乱視用カラコンに出会える人はそうそういないようです。

 

自分にフィットするものが見つかれば同じものを使い続ければよいので、頑張って最適な乱視用カラコンを探してみましょう。